レントゲン写真を見る医師

進化している治療

がんの治療をするならこちらの免疫細胞治療に詳しいクリニックがお勧めです。副作用のない治療ができるので安心です!

日本は長寿の国だといわれていますが、その理由の1つに医学の進化や発展があります。これまででは見つけられなかった病気も早い段階で見つけられるようになっていますし、治療できなかったような病気も治療できるようになってきました。大きなケガや病気は治療方法がだいたい開発されていますから、昔に比べて死亡率は格段に下がっています。人間が長生きするようになったことで増えている病気に癌があります。癌は人間の細胞が誤作動を起こすことで発生してしまう病気ですから、寿命が伸びればがん患者数も増えるのは仕方がないことなのです。

癌は細胞の誤作動で発生するものですから、当然若い人の中でも発生し続けています。しかし、若くて細胞が元気かつ肉体的にも問題が無い間は間違って生まれた細胞が増殖する前に免疫力が反応して駆逐されるようになっています。しかし、年齢を重ねるとだんだんその機能が衰えるようになってしまい、やがては誤作動によって生まれた細胞を免疫力が消しきれなくなってしまいます。そうして癌というものは無限に増殖するようになり、やがては人間を死に至らしめてしまうのです。
普通人間の細胞というのはある程度まで増えるとストップし、古いものから削除されまた新たな細胞が生まれ、一定値になると止まるというサイクルを繰り返しています。しかし、癌細胞は遺伝子からの命令をきかないようにできているイレギュラーな存在であるがために、一定の数になっても増殖を止めず無限に増え続けてしまうのです。更に、これはリンパや血液にのって他の部分にも転移してしまうという特徴を持っています。癌細胞が増殖を続ければ健康な細胞や臓器の機能を妨げるようになりますし、転移すればその先でまた癌となって周りの臓器に悪さをはじめます。ですからがん治療の基本は切除なのです。
問題の部分を切除すれば、体には健康な細胞だけが残ることになりますから癌は完治します。しかし、今の医学では切除できない部分、切除で取りきれない箇所、または転移していることが明確にわからないという問題があるためがん治療は難しいといわれているのです。

切除できない場合の治療としては放射線か薬物治療になりますが、これらの治療はどんな人にでも無限に使えるというわけではありません。ですが医学の発展によって昔よりは遥かに使える幅が増えてきています。

オススメリンク

関連記事

自分の力で

最近話題になっているがん治療の1つに免疫細胞治療というものがあります。これは自分の免疫力を利用して行う治療方法となっており、体への負担が少なく子供から老人までどんな人にでも対応できる治療だといわれています。

最先端技術のサイバーナイフ治療は入院する必要がないので、日常生活の影響が少なく抑えられ安心して行えます。

Read More

システムについて

サイバーナイフは病院の治療で使われる医療器具です。サイバーナイフを利用した施術はどんなものがあるのか、またその特長やシステムについて紹介しているので確認してみましょう。

Read More

症状を知る

心筋梗塞は初期の症状と後期の症状でかなりの違いがあります。また治療も初期と後期で異なる治療を行なうのですがそれぞれ特長のある治療なのでどんな風に行なうのかを覚えておきましょう。

Read More

治る確率

聴神経腫瘍は難聴を引き起こす原因となる治療で、放っておいても治る確率は低いのです。また人によっては徐々に耳が聞こえづらくなっていき難聴になることも珍しくありません。そんな聴神経腫瘍について紹介します。

Read More

助けてもらう

潰瘍性大腸炎は難病の1つですが、このような難病にかかっている場合には高額な治療費が請求されることがあります。そこで、医療助成制度を活用することで負担を減らすことができます。

Read More